当院について

当院からのご挨拶

医院外観
松山整形外科は2001年2月に私の夫である松山武司が開院したクリニックです。
2019年8月、懸命に治療を続けて参りましたが大腸癌により他界致しました。在職中は大変お世話になりありがとうございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
亡くなる数日前に、患者さんのためにもスタッフのためにもどうにかクリニックを続けて欲しいと遺言を託されました。何の心の準備も出来ておりませんでしたし50代も後半に差し掛かり、体力的な不安もありました。しかも結婚後は専業主婦として社会からは遠ざかっておりましたので、ここからの社会復帰は正直簡単だとは思っておりませんでした。しかしながら幸いにも主人の意志を汲んでくれるスタッフが数多く残ってくれたことと、主人の知り合いの先生が院長を引き継いで下さることになり、再開に漕ぎ着けることが出来ました。
まだまだ未熟な経営者ですが、地元の皆様に愛されるクリニックにしていけるように努力して参りますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

2020年8月 事務長 松山博美

松山整形外科の特徴

地域に密着して20年

医院外観
2000年の開院以来、川崎市下平間の地域の皆様に愛され続けております。
患者様の笑顔やより健康な毎日のために、日々スタッフ一同邁進しております。実際にご来院されたことのない患者様のご家族へ、患者様がどのように日々リハビリに励んでいたかや、当院で行っている取り組みなどの情報も発信しておりますので、是非ギャラリーページなどもご覧ください。
これからも、地域の皆様と一緒に歩んでいく整形外科として尽力して参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

ひとりひとりに合ったリハビリメニュー

医院外観
患者様によって、日々の生活やお困り事は異なります。当院では、患者様ひとりひとりが抱えるお困り事を解決できるよう、それぞれに合ったリハビリメニューをご用意しております。
一日でも長く健康に歩き続けるために、資格者が個別に対応致します。

多くのリハビリ機器

医院外観
整形外科では、リハビリ機器が少ないところもございます。当院では、それぞれのリハビリ内容に合わせた機器を多数ご用意しております。